研修の目標・目的の明確化

研修を充実させるには明確な目標を立てることが重要

研修は自分の知識やスキルを向上させる良い機会です。しかし、ただなんとなく受けているだけでは、時間が過ぎていくばかりで身に付くものはありません。研修が終わった後も受ける前と何も変わらず、研修の意味が感じられなかった…などという結果になったら非常にもったいないですよね。

そこで大切なのが、研修に関して明確な目標を立てることです。「自分はこの研修で○○ができるようになる」「△△の知識を得る」など、はっきりとした目標を決めることで、研修の目的をしっかり意識することができます。また、目標を達成するために、研修により意欲的に取り組もうと意識するきっかけにもなります。研修のはじめに目標を設定しておけば、研修をより充実させることができるのです。

研修の目標を設定する際のポイント

研修の目標を活かすためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。例えば、具体的な目標を設定することは重要なポイントです。目標が曖昧であれば、それを達成するために何をどのようにすれば良いのかも曖昧になります。また、研修が終わったときに、目標を達成できているのかの判断も曖昧になってしまいます。定量的な目標にするなど、可能な限り達成度合いのわかりやすい目標にすると良いでしょう。

また、達成が困難な目標や、反対に達成が容易な目標は避けることも大切です。研修にしっかり取り組んでも到達しにくい目標では、達成感が得られないため、研修を終えたときモヤモヤが残ってしまう可能性があります。また、あまりに簡単に達成できる目標も、研修の充実感に繋がりません。ほど良いレベルの目標を設定するよう意識してみましょう。