研修の会場をしっかりと選ぶ

田舎の研修会場を見つけよう!

研修をするということは、学ぶ場を与えるということです。その学ぶ場が不適切であるとせっかく良い研修内容を考えても研修生の身にならないことがあります。研修会場が街中であると騒音が酷いことや、休憩中に遊べる場を与えてしまい研修での気持ちを乱しかねません。そうならないためには、ある程度の田舎であることが重要です。田舎にある施設であれば、騒音を感じることも少ないでしょうし、雑念が入りにくい環境を提供することができます。雑念は勉学に身を入れるのにとても邪魔になります。どうしても利便性などで街中を選ぶ必要があるのであれば、ホテルの会議室を利用するなどし、防音に適した環境で、飲み食いがある程度できる場所で行うようにすると良いでしょう。

設備について聞いておこう!

研修では、様々な機材を使って行うことがあります。そのためには、そういったものを利用できる設備かどうか確認をしておく必要があります。プロジェクターを利用したいのであれば、スクリーンなどが備わっているのか、大きな機材を運びたいのであれば大きなドアがあり、搬入が可能であるかなど、研修ごとに設備がどうなっているのかを確認する必要があります。当日になって設備が整っていませんでしたとなっては、取り返しがつきません。手配の時点できちんと確認しておきましょう。事前に機材を運べるかも確認しておくと、スムーズに研修準備ができます。インターネットで会場を検索しただけでは、そのような内容が載っていないことや、記載されていたが利用できなかったでは困りますので、電話で必ず事前に確認を取っておきましょう。