研修後のフォローアップ

フォローアップ研修とは

1日から数日で学んだ研修内容がしっかり身についているか、研修で学んだことが現場で活かせているかなどを確認するのがフォローアップ研修です。フォローアップ研修は、研修が終了した数ヶ月後などに実施します。フォローアップ研修が実施されるのは、新入社員研修だけでなく、中堅社員向けや管理職など、現場の主力メンバーも業務改善や人材育成のために研修を実施する企業が多いです。一度だけ研修を行っただけでは、そのスキルが本当に身についているのか判断するのは難しいですが、フォローアップ研修を行うことで、研修そのものが効果的だったのかどうか、今身についているスキルと今後の課題を明確にすることができます。人材育成のためにも、フォローアップをすることは重要です。

フォローアップ研修の目的

研修でのちに行われるフォローアップ研修はさまざまな目的を持っています。新入社員研修の後に実施されるフォローアップ研修は、スキルが身についているかどうかということも重要ですが、それ以上に社員が会社で安心して仕事を続けるようなサポートという意味があるのです。実際の現場で仕事を始めた新入社員は、不安や心配なことも増えてくることでしょう。フォローアップ研修で研修担当者や同期入社と共有することで、不安感を取り除くことができます。仕事の忙しさなどでモチベーション自体も低下する時期にフォローアップ研修を入れると、同期との競争心や仲間意識が生まれ、モチベーションもあげることが可能です。同じように、マネージメント層では、育成意欲が向上したりするメリットがあります。それぞれの階級に応じたメリットがたくさんあるフォローアップ研修は研修には不可欠です。