新人や若手に仕事や物事をスムーズに進ませてほしい場合には、研修を行って、技術や知識を身につけさせることが重要です。しかし、ただやみくもに研修を行ったとしても意味がありません。意味のある有用な研修について紹介します。

研修計画の立て方

研修を行うにしても、まずは研修をどのように行うのかといった計画を立てなければなりません。研修をうまく進めていくために必要となる研修の計画の立て方のポイントを紹介します。最初が肝心でもあるので、慎重に行うとよいでしょう。

View more

新人のレベルと状況の把握

新人のレベルと状況を把握することで、どんな研修計画を立てれば良いかの目安になります。方法として、新人にアンケートを実施したりヒアリングをして、現状を把握します。また、入社試験などの結果から、語学力…

Read more »

研修の目標・目的の明確化

研修は自分の知識やスキルを向上させる良い機会です。しかし、ただなんとなく受けているだけでは、時間が過ぎていくばかりで身に付くものはありません。研修が終わった後も受ける前と何も変わらず、研修の意味が…

Read more »

研修後のフォローアップ

1日から数日で学んだ研修内容がしっかり身についているか、研修で学んだことが現場で活かせているかなどを確認するのがフォローアップ研修です。フォローアップ研修は、研修が終了した数ヶ月後などに実施します…

Read more »

新人研修は何のために行うのか

新人研修は、会社に入社した新入社員に行う研修です。新入社員に、ビジネスマナーの基本や、会社についての理解、業務の把握などを集中して学んでもらうために研修を行います。

研修を成功させるポイント

研修の計画をしっかりと立てていても、研修の内容が優れていなければ、研修内容は相手に対してうまく伝わりません。そうすると研修の意味は半減してしまうでしょう。そのような事態にならないためにも研修を成功させるためのポイントを紹介します。

View more

研修の会場をしっかりと選ぶ

正しい言葉遣いを意識する

好ましい発音や発生を意識する

職場で活かせる新人研修

新人研修で最も重要なことは、自分が働いている会社に関する理解を深め、その一員であるという帰属意識を強めることにあります。一般的な研修の中には、企業理念を知り、ビジネスマナーを身に付け、さらにはチームワークの大切さを新人研修で学ぶのです。ビジネスマナーは基本の挨拶の練習をし、正しい姿勢や発声練習をすることもあります。基本中の基本ではありますが、大学を卒業したばかりの新人社員の場合、社会人としての基本が理解できていない人も少なくないため、全員基本から学ぶことを徹底しているのです。新人研修の主たる目的は、職場で円滑に業務を行うことにあります。特に、日本社会では協調性が求められることから、仕事をする上で大切なことを学びます。

語学研修は語学試験の成績で効果を確認

日本企業においても外国語の重要性が看過できない状況になっています。そのため、企業が費用を負担して社員を語学研修に参加させるところも多いです。社員の中にはこの語学研修を福利厚生の一つであると勘違いしている人も少なくありません。あくまでも語学研修は社員教育の一環であり、必要な人材に対して語学研修に参加させます。企業側は社員が楽しく語学を学べばそれで良いという立場には立つ必要はありません。語学研修を受けた社員は必ず語学試験を受け、その成績によって評価されることが求められます。人材育成の一環として語学研修が設けられているので、結果が出せない社員に対しては研修の対象から外すなどの厳しい措置が取られても仕方がないのです。